子育て/医療

少子高齢化や人口減少という問題に向き合う山村での子育てってどんなもの?
真室川町の、子育て世帯向けの子育て・教育・医療について紹介します。

真室川町の保育施設・小中学校・各診療所の地図
公立保育所

・安楽城保育所(0233-63-2135)
・釜淵保育所(0233-65-2813)

私立こども園

・たんぽぽこども園(0233-62-4158)
※満8か月~5歳まで
・キッズハウス(0233-62-3433)
※満2か月~2歳まで

小学校

・真室川あさひ小学校(0233-63-2351)
・真室川北部小学校(0233-65-2821)
・真室川小学校(0233-62-2023)

中学校

・真室川中学校(0233-63-2121)

医療機関
及位診療所0233-66-2112火曜の午後診療
釜淵診療所0299-65-2235内科:火曜の午後・木曜の午後診療
整形:木曜の午後診療
伊藤歯科医院0233-62-2338休診:土曜の午後・日曜・祝日
姉崎外科内科医院0233-62-2030休診:土曜の午後3時・日曜・祝日
真室歯科医院0233-62-2053休診:日曜・祝日
町立真室川病院0233-62-2211休診:土曜・日曜・祝日
耳鼻咽喉科の休診:火曜・金曜の午後

この他、16箇所の救急用のドクターヘリの離着陸場があります。(内、冬季使用可能5か所)

山形県の高校の学区としては、北学区に入ります。
町内の高校生は、町内にある山形県立新庄神室産業高等学校真室川校の他、電車を使って町外の学校へ通学しています。

地域の拠点病院としては、お隣の新庄市に県立新庄病院があります。(町内からおよそ30分)

真室川の子育て・教育の取り組み

真室川町では、子育てしやすい町づくりを目指して、環境整備や各種支援事業を行っています。
また、町の教育ビジョンの基本目標に「ふるさとを愛し 高い志をもって 未来をひらく 人づくり」を定め、その実現に向けた教育サービスの提供に努めています。

真室川町の公立学校
各小学校・中学校へは通学用バスを利用することもできます。
真室川町では郷土芸能「番楽」を学習に取り入れています。夜間練習中!
郷土芸能「番楽で」使う獅子
「番楽」の発表会!カッコよくキマッてます!

特に、伝承文化の継承や、郷土を愛する子どもの育成、探究的な学びを推進するために、町の郷土芸能「番楽」や伝承野菜などの地域資源を学習に取り入れています。

そうした取り組みのひとつ、真室川町立真室川あさひ小学校が伝承野菜をテーマに行った起業家精神教育プログラムが評価され、山形県教育委員会主催の「郷土Yamagataふるさと探究コンテスト」で最優秀賞「ふるさと探究大賞」を受賞しています(令和2年11月)。

学校の先生以外の講師も招いて特別授業をしてもらうこともあります。
真室川町の伝承野菜づくりの体験中。上手に掘れるかな?

子育て支援センターたいよう

真室川町には『子育て支援センターたいよう』という、未就学児のお子さんが家族と一緒に自由に遊ぶことのできる無料の施設があります。

また、『たいよう』は、利用者さん同士が繋がり仲良くなる交流の場でもあり、資格をもった先生たちに子育てに関する質問や疑問等への相談やアドバイスを聞ける場でもあります。また、妊娠中の不安や疑問などについての相談も対応してくださいます。

帰省中の方や、近隣の市町村の方など、真室川町民でない方もご利用いただけます。

ぜひ一度覗いてみてください。

通える習い事

真室川町は小さい町ですが、子どもたちに色んな学びをして欲しいと思っている方が大勢いらっしゃいます。
町内や町外で習える教室を、保護者の声を参考に調べました。(2022年1月現在)

町内

真室川町内では、野球・サッカー・バドミントン・ミニバスケ・スキー・テニス・合気道・バレエといった教室があり、お子さんの興味にあわせた習いごとがあります。

※少年野球チーム「真室川少年ジャイアンツ」は、令和4年8月に開催された県大会でも優勝を果たしました。(町報の記事を御覧いただけます)

真室川周辺

隣の新庄市まで足を運べば、サッカー・スイミング・ダンス・ピアノ・ヨガ・英語・絵画・公文といった教室があり、習い事の幅がさらに増えます。真室川町から新庄市は、およそ20分ほどの距離のため、無理なく送り迎えできると言われる方も少なくないようです。

町内外ともに、詳細を知りたいと思われた場合はお問い合わせいただければ、主催者とお繋ぎいたします。

町で受けられる子育てや教育の支援・助成など

子育て

その他の分野の補助金・助成金などの支援一覧はコチラ

教育

その他の分野の補助金・助成金などの支援一覧はコチラ

町で受けられる医療の支援・助成など

不妊治療費助成

真室川町は、不妊治療費を助成しています。

一般不妊治療
・タイミング療法・薬物療法・手術療法・人工授精
連続する2年間を上限に、年上限7万円まで助成。
(申請窓口:真室川町 福祉課)

未熟児医療

身体の発育が未熟なまま出生した乳児に対し医療給付を行います。
(申請窓口:真室川町 福祉課)

新生児聴覚検査の費用の助成

赤ちゃんの耳の聞こえに異常がないかどうかをみるための検査費用を助成します。
(担当窓口:真室川町 福祉課)

【高校生まで】子育て支援医療給付

真室川町は、高校生(高校生相当年齢の方を含む)までの子どもの医療費を無料化しています。
(担当窓口:真室川町 町民課 住民係)

胃がんリスク評価検査費用の助成

胃がん検診受診率の向上のため、胃がんリスク検査(ABC検査)を実施し、その費用の一部を助成します。(この検査は、胃がん発症リスクを検査するもので、胃がんそのものを発見する検査ではありません。)

総合検診や人間ドック検診の際、胃がん検診(バリウム検査)と一緒に受診します。
※5歳刻みの方を対象に実施するため、毎年できるわけではありません。

助成により、個人負担が500円となります。
(担当課:真室川町 福祉課) 

がん患者医療用ウィッグ・乳房補整具購入助成事業

真室川町では、がんになってもこれまでどおり安心して暮らし続け、治療と就労を両立できるよう、がんの治療に伴う外見の悩みに対して購入費用の助成を行っています。

①医療用ウィッグ購入費用のうち2万円または費用の2分の1の額のいずれか低い額
②乳房補整具購入費用のうち1万円または費用の費用の2分の1の額のいずれか低い額
(申請窓口:真室川町 福祉課)

真室川町 PCR検査費用の助成

事前申請が必要です。

新型コロナウイルスの感染者が、国内においても未だ発生し予断を許さない状況となっており、感染者・重症患者を増やさないよう十分な注意が必要です。
このような状況を受け、真室川町は、感染対策の一環として、自費によるPCR検査の費用を助成します。

助成額:1人1回上限額 30,000円(実際の費用と比較して少ない方の額)
(申請窓口:真室川町 福祉課)

その他の分野の補助金・助成金などの支援一覧はコチラ

\ 補助金や各種助成の申請をワンストップでお手伝いします /